スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
復活
blog29.gif

先日の日記では心配をおかけしました。
2週間の自宅安静を無事乗り越え、正期産に入る37週に突入したので
今度は「これからは動いて!」の時期に入りました。


2週間ほとんど寝たきりだったのに
急に動いてといわれてもこれまたキツイ。
10月始めには、生まれてすぐ使う肌着などは洗っていたものの
お世話グッズなどの整理などをしていなかったので
こまごまその整理から始めることにしました。
↑の肌着は私と弟が新生児の頃使っていたもの。
私は母の実家があった岩手の盛岡市で生まれ、それも一番寒い2月。
当時の東北の家屋はかなり寒かったのだろうと思われ
この肌着はネル素材でモコモコした生地。
息子は春生まれでこの肌着はさすがに厚すぎ
使うことはなかったけれど、今回は1度は着せてみたいなと思っています。
しっかし母の物持ちの良さにに感心するやら呆れるやらで。
私の子供の頃は父は転勤族で全国転々と引越し。
そのたびに捨てる機会はあったはずなのに、ずーっと一緒にこの肌着はついてきた。

今回、もしお腹の子が女の子だったら(性別聞いてないのです)
もうこれで出産は最後だと思うけれど
肌着を数枚は残しておこうかなと思ったりしています。
いつか娘が自分が使った肌着を自分の子供に着せてくれたら
うれしいかな・・と。

男の子だったら・・・・。
残すことはしないかな。
やっぱりこうやって使ってくれそうなのは娘かなーと。
息子のお嫁さんに渡すのもねーなんて。
かなーり遠い先の話ですが、こんなことを考えたり出来る時間が
ある今はかなり貴重ですね。
スポンサーサイト
11/15 03:20 | days
template design by takamu
Copyright © 2006 takamu All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。